雄岳・雌岳〔第617歩〕

今日は遠方は無理なので、新たな九州百名山は一休みです。
福岡県内の山に登ろうと考え、『福岡県の山歩き』を見ると
八女の山はあまり登っていないことに気づきました。
そこで登ったのは雄岳(おだけ、532.2m)と、雌岳(めだけ、595.8m)
なおコース上に合計4つの山があります。
ミント単独。
<2015年第47回目登山第59、60座>

2015年12月13日(日)、曇り一時雨、雄岳・雌岳


ルート図(一部不正確です)


グリーンピア八女の駐車場に駐車した。
ここにはテニスコートサッカー場、ビール園などの施設があり
温泉に入ることも可能だ。


09時13分、登山開始。
今は霧雨が降っているが、午後からは晴れるとの予報。
多分大丈夫と判断して出発する。

入口ゲートからすぐ右手にある小道が登山口になっている。


道は舗装路部分も多く、よく整備されている。
スパッツは不要だったかな。


09時29分、南岳入口らしい。
ここを左折。


09時32分、南岳山頂?
ずいぶん簡単に着いてしまった。

北側の眺めが良かった。


分岐に戻り再び南に歩く。


通行不可の標識があるが、
雄岳・雌岳方面はそのまま正面に進んで良いようだ。


09時43分、雌岳登山口。


さて登りだして2・3分。
すぐに様子がおかしいことに気づいた。
倒木が多く荒れているし人が通った様子がない。
どうやら道を間違えたようだ。


この登山口は持参した『福岡県の山歩き』(2009年版)にも書かれていない。
登山道は次第に替わってゆくものだから本が古いのかもしれない。

などと考えながら登山口に戻ってゆくと、
大勢の声が聞こえる。
いたのは20人のグループだった。

聞けば皆さんは今から雌岳に登られるとのこと。
そうですか。それでは後を付いてゆきます。


ミントは登山口からまっすぐに進んだのだが
見るとグループは、最初の角からすぐ右に登ってゆく。
知らないというのは悲しいことだなあ。


急坂を登って


10時08分、雌岳山頂。
大勢いたので写真は撮れない。
でもミカンをいただき有難うございました。


山頂からさらに南に通じる道があるようだ。


降りると、ここがガイド本に書かれている雌岳登山口だった。
なるほど。


さらに南に進む。
見えるのは雄岳かな。


途中にある姫御前伝説の説明板。


10時30分、姫御前岳登山口。
3つ目の山だ。


10時31分、山頂。
かわいい山である。小休憩をした。


さらに歩いてゆくと


11時11分、雄岳登山口。


30m位のロープ場を登って


11時16分、雄岳山頂。
この時、残念なことにガスが立ち込めてきた。
眺望はきかなかったがドウダンツツジがきれいに色付いていた。


山頂にある岩。
通れるのは子供位かな?


ゆっくり食事をして、
11時57分、下山。来た道を戻った。


12時51分、グリーンピア八女に戻った。



天気は今一つでしたが、歩きやすいコースでした。
ファミリー登山に良い山でしょう。


(付録)
黒木町にあった見事な紅葉。
カエデとドウダンツツジのようです。


[平成26年の記録]
 http://d.hatena.ne.jp/mint0606/20141231


[平成25年の記録]
 http://d.hatena.ne.jp/mint0606/20131231


[平成24年の記録]
 http://d.hatena.ne.jp/mint0606/20121230


[平成23年の記録]
 http://d.hatena.ne.jp/mint0606/20111231


[平成22年の記録]
 http://d.hatena.ne.jp/mint0606/20111230


[人物伝]
 http://d.hatena.ne.jp/mint0606/20140930



コメントは、ブログ運営者(ミント)が確認後に公開されますので
よろしくお願いします。