読書感想〔第775歩〕


今年最初の読書感想です。


***最近読んだ本***

「ハッピー・リタイアメント」(浅田次郎、あさだじろう)

定年を迎えたもと大蔵官僚と自衛官の二人が
国の外郭団体である会社に再就職して、第二の人生を歩み出す。
なんとこの会社、とっくに時効になった債権の回収をするという会社だ。
成果が上がるはずもなく、周りはやる気のない人間ばかり。
でも二人は意欲に燃え、熱心に債権回収に乗り出す。
その結果は意外なことに・・。
どこかとぼけた人物描写がおかしい。

被取締役新入社員」(安藤祐介、あんどうゆうすけ)

このタイトル「とりしまられやくしんにゅうしゃいん」である。
会社の業績を上げるために、あえてダメ社員を営業に配置するなど
現実にはあり得ない話。
なぜこんなことをするのか、は読んでのお楽しみということで・・。
でもこの作品、面白かった。
個性あふれる社員や、営業現場の雰囲気がよく描かれている。

「宿命 上・下」(楡周平、にれしゅうへい)

これもあらすじはあまり触れないほうがいいだろう。
大病院の医師とその息子であるキャリア官僚、
そして大物政治家とその家族が出てくる。
最初はドロドロした話かと思って読み進んだが・・。
結末をハッピーエンドととらえるか、悲劇ととらえるか
読む人によって意見が分かれるかもしれない。



明日から暖かくなりそうです。


[平成28年の記録]
 http://d.hatena.ne.jp/mint0606/20161231


[平成27年の記録]
 http://d.hatena.ne.jp/mint0606/20151231


[平成26年の記録]
 http://d.hatena.ne.jp/mint0606/20141231


[平成25年の記録]
 http://d.hatena.ne.jp/mint0606/20131231


[平成24年の記録]
 http://d.hatena.ne.jp/mint0606/20121230


[平成23年の記録]
 http://d.hatena.ne.jp/mint0606/20111231


[平成22年の記録]
 http://d.hatena.ne.jp/mint0606/20111230


[人物伝]
 http://d.hatena.ne.jp/mint0606/20140930


[YAMAPの記録]
https://yamap.co.jp/mypage/199626



コメントお待ちしてます。
ブログ運営者(ミント)が確認後に公開されますので
よろしくお願いします